PRスペース





NEWS

行間を空けて整えよう!

どうしたら、長文が書けるのか、分からないという人は多いと思います。
どのように書けば、見やすい長文の記事を書くことが出来るのか、ということを考えてみましょう。

見やすくするには、行間をあける必要があります。どんな内容であったとしても、同じです。そして、文章全体の内容を細分化すると、より書きやすくなります。これは長文でも、短文でも、どちらでも同じです。

たとえば、「犬との生活について」というテーマで1000文字以上の記事作成をすることになった場合、特に細かい指定が無い場合は次のように細分化して、書いてみてはいかがでしょうか?

■犬のエサについて
■しつけ方
■散歩の仕方
■犬にも感情がある

例として、犬との生活について、細分化した上記の4点を含めて、書いてみたサンプル記事は以下です。

――――――――――
※サンプル記事
――――――――――

犬というのは、人間にとって、一番身近な存在である動物です。そんな犬と暮らしていくには、どういうことを考えておくと良いのでしょうか?

犬との生活でまず知っておきたいのは、エサについて。犬のエサは種類が豊富ですが、基本はドライフード、ウェットフード。中には、手作りのエサをあげている家庭もあります。いずれの場合も年齢に応じて、与える食事や量などを考えていくべきなのです。その理由は、年齢によって必要となる栄養が違ってくるからです。市販のものであれば、子犬用、成犬用、老犬用などと分けられている商品も多いので、一度確認してみてはいかがでしょうか?

犬と生活していくために一番重要なのは、しつけです。きちんとしつけることが出来なければ、飼い主の言うことを聞かない問題児になってしまいます。また、犬は群れを成す性質があるため、「自分(犬)はこの家族の中で一番下だ」ということをちゃんと理解させる必要があります。そこで効果的なのは、愛情を持って、ダメなことをしたら叱る、良いことをしたら褒める、このメリハリをつけることです。また、犬種によって違う能力や習性などを知り、そのポイントも踏まえて、しつけしていくと、より良いしつけが出来るようになります。

また、犬との信頼関係を作るために、散歩をするのも良いでしょう。散歩をするなら、飼い主よりも先を歩かせないに心がけましょう。犬にとって先頭を歩くことは、「自分が一番偉い」という風に思わせる原因にもなります。なので、先を歩かせないようにしつけをすることが大事になのです。ただし、飼い主よりも先を歩いたからといって、リードを引っ張ってはいけません。引っ張らずに立ち止まると、犬は先に歩いていったとしても、必ず飼い主の元に戻ってきます。それを繰り返すことで、自然と飼い主の横を歩いてくれる犬にすることも可能なのです。

もう一つ、信頼関係を作っていくために大事なのは、犬の感情を読み取ってあげることです。犬種によって違ってきますが、行動でその感情を示していることもあるので、その行動を見ておくと、より良い関係性になることもできます。寂しい、嬉しい、悲しい、怖い…、など、人間が持っている感情と同じような感情を犬も持っています。なので、全てに気づいてあげることは出来なくても、極力どのような行動をしているのか、などを定期的に確認してあげるようにしましょう。

上記のようなポイントを抑えておけば、犬との生活がより豊かで明るいものになっていくきっかけ作りが出来るのではないでしょうか?

――――――――――
※サンプルは以上です。
――――――――――

サンプルでは4つに細分化して、最初と最後に少し文章を書いただけで、1048文字という文字数になりました。
多少なりとも、調べたりすることは必要になりますが、自分の言葉だけで、オリジナルの文章だけで1000文字を超えるということは、そのテーマを細分化させれば、難しくはありません。

なので、一つの物事を細分化して書くと、長文を書くのが苦手だという人でも、書きやすくなります。なかなか文字数を達成することが出来ないという人などは、サンプルのように細分化して、行間をあけるなどの工夫をして、記事作成をしていくと、良いのではないかと思います。

PLUS会員:あおい
  このエントリーをはてなブックマークに追加 
戻る


依頼者ガイド

ユーザーガイド

依頼数
15169
参加数
7797
報酬総額
13261059
記事作成エントリー

会員ログイン

依頼者ログイン

記事依頼する
記事作成する
利用者体験談
記事サンプル

携帯からアクセス

QRコード
携帯やスマートフォン
ご利用/依頼出来ます。