PRスペース


NEWS



ロボットのような、眠たい記事作成とはサヨナラしませんか?生きた文章を書くようにして下さい。

Plusの菅原です。

「やる気」と「書くこと」には、
とても深い関係があります。

文章には、「気」が宿ります。
パッと見ただけではわからない「気」が、
そこに宿っていて、それは弱い場合も、強い場合もあります。

ずっと文章を書いてきた方ならわかると思いますが、
「スラスラ書ける時」と、「なぜか書けない時」がありますよね。

この違いが、「気」を創っているか、
それとも、創っていないか、この違いです。

これからも文章を書き続けてお金にしたい、
そう思う方なら、
「絶対に知っておいたほうが良い」と思うことです。

何故なら、人を動かす文章には、
「良い気」が宿っているかです。

いえ、宿っているというよりは、
賢い人は「意図して宿している」のです。

なぜ、僕の文章を読んだ方が、

涙が出てきたとか、気づきが起こった、
目から鱗が落ちた、感動した、やる気が出てきた、

など、こういった良い変化などが起こるか?
それは、実は、時々、文章に「気」を宿しているからです。

「文章に気を宿す」とどうなるか?

生きた文章となり、未来永劫、生き続けるのです。
(文章が残っている間)

あなたは、眠たくなるような文章を量産し続けますか?
それとも、気を宿して、生きた文章を書きますか?

僕は、文章の書き方など、細かいことなど知りません。
勉強する気が無いからです。

それなのに、僕の文章を読んだ方が、

涙が出てきたとか、気づきが起こった、
目から鱗が落ちた、感動した、やる気が出てきた、

このように言う。

これは、繰り返しますが、
文章に「気」を宿しているからなのです。

文章の書き方に関して知識が無くても、
「気」を宿せば、相手の心に届く文章になるのです。
そして、スラスラと書けます。
調子が良ければ10万文字とかも書けちゃいます。

文章に「気」を宿したい…という方は、

まず、「やる気を創る心の技術」を読んでみて下さい。
https://www.amazon.co.jp/dp/B083R8GMM7

これを、文章を書く時に行えば良いだけです。
それで、文章に「気」を宿すことが出来ます。

もう、ロボットのような、
眠たい記事作成とはサヨナラしませんか?

生きた文章を書くようにして下さい。

「やる気を創る心の技術」を、
読んだ人の質問は受け付けています。

お気軽にお問い合わせください。



1、ロボットのような、眠たい記事作成とはサヨナラしませんか?生きた文章を書くようにして下さい。
https://naisyoku-plus.net/archives/3631
2「Amazon電子書籍出版」や「infotop教材販売」へとステップアップ
https://naisyoku-plus.net/archives/3635
3、それでは、進めていきましょう。何もせずに待っているのは、時間の無駄です。
https://naisyoku-plus.net/archives/3637
4、夢の印税収入への道
https://naisyoku-plus.net/archives/3642

戻る



PRスペース



依頼者ガイド

ユーザーガイド

依頼数
18862
参加数
8044
報酬総額
18147601
記事作成エントリー

会員ログイン

依頼者ログイン

記事依頼する
記事作成する
利用者体験談
記事サンプル

携帯からアクセス

QRコード
携帯やスマートフォン
ご利用/依頼出来ます。

PRスペース