PRスペース

【PR】
→ 七色WEBライティングPro
ライティングスキルを上げるためのオンライン教材
(生き残るためにはスキルアップは必須!)

プロフィールページ検索

記事依頼者ログイン後、スカウト依頼(個別依頼)が出来ます。

キーワード検索

新着順  評価高い順  納品数が多い順  スカウトでの実績が多い順 名文が多い順


rsnakiraさんのプロフィール


名文認定の実績

・記事作成依頼者より名文として認定された実績:
名文:0
名文プレゼント報酬:円
今まで獲得した報酬:350円

rsnakiraさんの詳細プロフィール

プロフィール写真


ニックネーム

rsnakira

性別



年齢



依頼方法「スカウト」での実績

納品数:0
まだ依頼方法スカウトでのお仕事をしていません

依頼方法「エントリーPlus」での承認率

0%

保有資格



今までの納品記事数

8

本人確認



依頼方法「スカウト」個別依頼の受け付け状態

お仕事受付中

「rsnakira」さんに依頼方法スカウトで個別に記事作成を依頼するには「依頼者会員登録」が必要です。
ページ上部のメニューの「記事作成依頼」から新規ご依頼と同時に依頼者会員登録が完了します。

初回は、低価格で依頼方法エントリー、またはエントリーPLUSをお試し下さい。 その後、二回目のご依頼からは、依頼者ログイン後に「依頼方法スカウト」で個別依頼(スカウト)が可能となります。


自己紹介



備考



サンプル記事1

2012年は僕にとって大きな変革のあった年でした。

多くの人と出逢い、多くの考えに触れ、刺激を頂きました。
その中で、僕自身の至らないところ、未熟すぎるところ、自分勝手なところを痛いほど感じました。
言葉では「自分以外の人のため」と言ってはいるものの、心の奥ではベクトルは自分に向いていました。
そのことに気付いたとき、僕は自分の価値というものを疑いました。

しかし、自分の価値を疑った状態では提供するものの質なんて高まるはずもありません。
仕事柄、多くの方にお会いする機会を頂いています。
その方々に対して、質の高いものを提供できないなんてこんな失礼なことはありません。

自分自身への疑いのない心、関わってくださる方への感謝、目の前のことにがむしゃらになること。
とにかくお会いする方々には最高質のものを提供したい。
という気持ちを忘れてはいけない。

僕にはずっと一緒にやってきた仲間がいます。
世界一にしたいボスがいます。
これから一緒にやっていきたい人達がいます。
一緒になってバカをやれる人達がいます。
幸せにしたい人がいます。

この人達にも僕ができる最大限のパフォーマンスで笑顔になってもらいたい。
そう思います。

そのためにも、多くを学び、しっかりとしたマインドセットをして、最大限のパフォーマンスが出せるぶれない自分になります。
僕自身が自分の価値を信じ、確固たるマインドをもって提供できるものの質にこだわる。

僕自身は主役でなくていいんです。
主役になれる人は周りにたくさんいる。ほんとに素晴らしい人達ばかり。
それよりも、僕ができることでその人達をサポートしたい。
今、僕が提供できる一番の価値は"裏方力"。
19回毎月開催してきた「ふくびき会」で培った裏での動きです。
イベントあってもパーティであっても、人が集まる場での全体を見ての動き。

この能力をさらに磨き、さらに質を高め提供していきたい。
僕自身の価値に自信を持ち、それによって喜んで頂きたいと思っています。

サンプル記事2

実は昨年末頃より、少し自分自身のSNS(特にFacebook)の使い方に違和感があったんです。
初めのうちは「気のせいだろう」と思っていたことも、しだいに気のせいではなくなってくるんですよね。

SNSというのは、とても便利で多くの人と遠隔的にコミュニケーションをとることができます。
事実、私も昨年はSNSのおかげでたくさんの方と親しくなり、ものすごく楽しい時間を過ごすことができました。

ただ、このSNSというのはそういう繋がりのサポートという機能以上に、ちょっと危険な側面も併せ持っているんですね。

多くの方へ自分の情報を公開しているSNS、ちょっとしたテクニックを身に付けてしまえば自分を"本当の自分以上に見せる"ことができ、本来の自分ではない自分がWeb上に誕生してしまいます。
ブランディングが出来るということではありますが、本当にブランディングをする力がある人がやらないと、ただの見せ方を追求したものしかならない。

実際に会い、話し、交流してみればすぐに分かることが、SNS上では隠せてしまうんです。
自分の裁量で投稿ができる訳なので、晒す情報を厳選できるということですね、自分の出したいものだけに。

これはもちろん、自分のことを振り返ったときに感じたことではあるんですが、この見せ方を強く追求したときそこにいるのは自分ではなかったんです。
反応してもらいたいが為に作った"ショーウィンドウの中のマネキンのような自分"なんですね。

つまり、中身のないもの、本物ではないんです。

「こうしたらいいねをたくさんもらえる」
「こうしたらコメントがたくさんつく」
そこにフォーカスして、テクニックばかり見栄えばかりを追求しているような気がします。

見せるための自分がSNS上にいて、本当の私はどこにも見えないんです。

こんな状態では伝えたいものも伝わるはずありませんよね。

これは私だけに限ったことではないと思います。
これだけいろいろなセミナーでSNSのテクニックを教えている現状、テクニックだけに走る方もいるでしょう。
しかし、テクニックはあくまで小手先のもの。
SNSを使う方の気持ちがなければ必要すらありません。伝わるものがないのだから。

最初は楽しく使えていたSNSも、だんだんといいねの数やコメントの数やアクセス数に一喜一憂され、セミナーや教材に高値を払ってテクニックを学んでいる・・・

本来そこじゃないですよね。

私が感じた違和感はそこだったんです。
欲しいのはそういった見せかけの数ではない、欲しいのは本当に信頼できるものなんです。
それは実際にお会いした人であり、本当の情報であり、確かな繋がりなんです。
もっと一人一人を大事にしたい。
もっと私の一側面ではなく、違う側面も知ってもらいたい。

SNSはその為のただのツールであり、自分を無理に作らなくていいと思いました。

今後は、感じるままの自分であり、そこから自分の眼で本質・本物を見極めていきます。

これを読んでなにか感じて頂けたなら、見せかけではなく本質・本物をご自分の眼で見て判断して頂きたいなと思います。

サンプル記事3



サンプル記事4




動画/音声案件用サンプル動画



動画/音声案件用備考欄



みんなの声


記事作成依頼者からの評価




戻る

依頼者ガイド

ユーザーガイド


PRスペース

無料イラスト素材【イラストAC】