PRスペース

【PR】
→ 七色WEBライティングPro
ライティングスキルを上げるためのオンライン教材
(生き残るためにはスキルアップは必須!)

お仕事案件

「いいねハラスメント」と「暗示文ハラスメント」について※
報酬270

締切期限 2020-06-27 00:00:00

募集数10件 現在の応募数13件

依頼方法…エントリーPlus

文字数…1200文字

顔文字…不可

お仕事詳細

※お1人様「1記事限定」です。

このお仕事は、
「いいねハラスメント」と、
「暗示文ハラスメント」についての記事作成依頼です。

───────────────────────
※いいねハラスメントとは
───────────────────────

SNSの「いいね」を「悪用」して、
精神的な嫌がらせ(ハラスメント)をすること。

「臆病者」で、他人を悪く見る(邪推する)者たちが、
自分の汚れた心を勇気ある相手に投影して、
勇気ある人の「悪口」を書いて、それを複数人でわざといいねする…。

必死に、「勇気ある人」を「悪くしたい」のです。

なぜか?

それだけ嫌がらせをする側は、
邪悪な思考や感情を心の奥に隠しているから(悪人だから)、
だから、自分の悪事を誤魔化すために他人を悪くしないといられないのです。

それをSNSの場合では、

1、「悪口を書く」
2、嫌がらせ仲間で悪口をいいねする

このような「悍ましい(おぞましい)行為」が行われていることもあります。

これを読んでくれている正常なあなたならわかると思います。
(これは人のやることではないと…)


───────────────────────
※暗示文ハラスメントとは
───────────────────────

暗示文ハラスメントとは、
文章中に悪い暗示を仕込んで、何らかの精神的な嫌がらせをすることです。

信頼度抜群のフリー百科事典ウィキペディアからの引用文をお読み下さい。

───────────────────────
●暗示とは、

暗示(あんじ、英: suggestion)は、言葉や合図などにより、
他者の思考、感覚、行動を操作・誘導する心理作用のことをいう。
暗示にかけられた者は自然にそうなったと考え、
それが他者による誘導によるものであることに気が付かない。
特に催眠状態において暗示は最も効力を発揮する。

引用元:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%97%E7%A4%BA
───────────────────────

暗示とは、こういうことです。
これを気づかれないように、文章の中に仕込んで「毒」にしてしまうのです。
読み手にダメージを与えたり、読み手に何らかの対象を悪く思うような暗示を与えたり。

例:

暗示文ハラスメント加害者が、商材Aの印象が悪くなるような暗示文を作成する。
それを見込み客(商材Aを買う可能性のある人)などに読ませて、
悪い思い込みを植え付けていき、商材Aを買わなくなるように心理操作する。

このような「異常な手口」は、「嫌がらせに慣れ親しんだ者」、
または、「お金をもらってやっている者」がやることで、どちらも「異常者」がやることです。

「暗示文」ですので、文章に暗示を仕込んで、
相手に気づかれないように、何らかの誘導、操作(心理操作)などをするのです。

ちょっと、恥ずかしいですよね。
我々(あなたも含む)は、こんなことをしたこともないし、しようと思ったこともありませんよね。

人として、恥ずかしいなと思います。

何だろう、、、

表現するならば、オムツを10枚重ねているいる者がいて、
オムツの隙間から、汚物が漏れ出して、それを隠蔽するために、
必死に、騒いで、他人を悪くしたがっている…、そんな感じ思うこともあります。

こう言うことをする人ほど、悪事を隠して生きています。

「事実」ではなく、何らかの目的で、
他人を悪く見せようと「嘘」に依存して、「嘘」を使って工作する。

そして、デマを作って、流す…。

ちょっと、恥ずかしいですよね。

読者に悪い暗示をかけたりするのは、
レベルの低いライター(人間的に非常に未熟なライター)しかやりません。
他人や他社の製品や人物などの印象を悪くする暗示を、
そっと文章に仕込まないといけないほど、まっすぐ、正々堂々と闘えなくなった者たちなのです。

彼らは、もう自分を生きれない者たちなのです。

心が純粋で真っ白で綺麗な赤ちゃんは、こんなことやりませんよね。

なので、このような悪事を働く良い歳の大人は、
一言で言うと、「ちょっと恥ずかしい、わけのわからないもの?」です。

それをしたくなることについて、深い理解は、まだ出来ません。

───────────────────────
※人の心を殺すハラスメント
───────────────────────

「いいねハラスメント」と、
「暗示文ハラスメント」は、どちらであっても、
「良心が欠如している人間らしさが失われている者」がやることです。

脳の前頭前野が「人間らしさ」を司っている部位で、
異常な事件(無差別殺人等)を起こした犯罪者は、良心が欠如していて、
とある犯罪者脳は、脳の前頭前野の血流低下(前頭前野の衰え)が確認されています。

脳の前頭前野が衰えると、犯罪者になる可能性があるのです。
ハラスメントは「犯罪」に近いものです。
例えば、デマを流すのは「名誉毀損罪」になることもあります。

つまり、デマを流す者や、「いいねハラスメント」と、
「暗示文ハラスメント」をする者たちは、犯罪者に近いレベル(または犯罪者)なのです。

脳の前頭前野の血流低下が起こっている可能性も否定は出来ないのです。
つまり、脳に異常がある可能性があるのです。
「正常な者」はこのような(意図したハラスメント)は継続しませんし、
このような「視点(よし、コッソリデマを流してやろう等)」さえ持ち合わせていません。

彼らは、脳の前頭前野の衰えがある可能性があります。
だから、人間らしさを失って、相手が自殺するほどのハラスメントが出来てしまうのです。

SNSには、人間らしさを失った者が潜んでいます。

例えば、下記リンクは「いいねハラスメント」の被害者の方です。
https://twitter.com/Bh0qAvNooEBYVtD/status/1135367205829222400
※朝日新聞にも掲載されて、悪口にいいねをして心をえぐる者たちがいたことが明らかになっています。
※被害者の方の自殺について、青森市いじめ防止対策審議会の報告書で、自殺といじめの因果関係を認定されています。

「いいねハラスメント」で被害者の方を殺したのです。
それが、認定されているのです。許せないハラスメントです。

やった人間は「懺悔」しない限り、救われないでしょう。
今は、ネット時代、「嘘」より「事実」が徐々に強くなってきています。

加害者はわかっていないと思う…。

今、少しずつ、「真実」「事実」が、、、徐々に、、詰めてきていることを…。
悪事を隠していても、「真実」「事実」が、集合体となり、詰めてきます。


だから、やった人間は「懺悔」しない限り、救われないでしょう。
ユーチューブでも、ティックトックでも、動画を掲載できる場所はいくらでもあります。

そう、公の場で、懺悔する場の提供は、既に整っています。
逃げて、隠れて生きても、ネットが細部まで入り込んできますよ。逃げられません。

まともな人たちは、「ほんとによかった!」と歓喜する時代へと近づいています。
最後には、悪に心を明け渡さなかった者たちが勝つのです。
それまでの間、泳がされて、甘い汁を啜って、悪に魂を売ったのですから、罪は重いでしょう。

「悪口にいいねして心をえぐる」とか、
「周囲の者にいいねして、ターゲットにだけいいねせず孤立させる」とか、
自殺に追い込んだ者には、人生の中で必ず、それ相応の報いが来ます。自然の道理…。
(これをやった者たちは、必ず、その報いを受ける日が来ます。)

本当にひどい話です。自殺された方、本当辛かったでしょう。
心からご冥福をお祈りいたします(お祈りし続けます)。

とくに、「暗示文ハラスメント」をする者は自覚を持ってやっている者が多いので、
悪質極まりない者で、他人が一生懸命制作した表現、
それに対し平気で悪い噂を作って流す異常者(脳の前頭前野の衰えだと思う)もいます。
例えば自分の価値ある貴重な体験を「健全な情報教材」等にして公開する。
それに対しデマを流す…、こんな異常者もいます。これはもう、「鬼畜」です。
いかれてしまっている「鬼畜」と言っても、過言ではありません。

これはネット業界で問題になっているのですが、、、
ネット業界には、お金(小遣い)をもらって、ライバルなどを叩くバイトもあり、
ライバル商品や企業のデマを流すことがあります。「実力が無い者がやる」のです。

偽物たちがやること。

このようなデマ流し加害者は、相手の大切にしているものを、
お金のために、平気で傷つけるので、人として、非常に低レベル存在です。
デマ流しされている側は、良いもの(本物)を作っているから狙われるのです。

これは億単位稼ぐ人たちの間では、キリがないほど湧いてくると言われていて、
「ゾンビ」「ハイエナ」「吸血鬼」「寄生虫」
「ダニ」「精神の吸血鬼」「ドリームキラー」などと呼ばれています。
(上の健全な人間は、彼らの正体を知り尽くしています)

そして、「いいねハラスメント」の加害者は、
「いいね」で人の心を傷つけたいので、必ずSNSに潜んでいます。

SNSに潜み、徘徊し、「いいね」を悪用して傷つけることが出来る相手を探している。
何が楽しいのか…。恥ずかしくないのでしょうか。

そんな彼らは、自分を生きる勇気が無いのです。
だから、異常者の道を選び、煩悩まみれとなり、生涯正当化を図るために他人を攻撃するのです。
そして、強い者には媚びへつらって、小遣いを掴まされて駒になる者もいるのです。
つまり、悪魔に支配されているような、低レベルな者なのです。

誹謗中傷を楽しめるのですから…。

「いいねハラスメント」の加害者の「進化版」ともいえるのが、
文章に悪い暗示を仕込む加害者(これは脳の前頭前野の衰えた変なライターに多い)です。

これはわかる人にしかわかりませんが、
精神的嫌がらせが目的で、
ターゲットの印象を悪くするために、文章に悪い暗示を仕込みます。

●いいねハラスメント
(いいねを悪用して何らかの精神的な嫌がらせをすること)

●暗示文ハラスメント
(文章中に悪い暗示を仕込んで何らかの精神的な嫌がらせをすること)

この2つのハラスメントについて、
あなたの言葉で詳しく記事を書いてください。

そして、勇気ある被害者に、このようなことをする者が、如何に弱虫かを教えてあげて下さい。

あなたの書いた記事を読んだ方が
「この自殺者を出しているハラスメントが、どれほど卑劣か」、
スーッと簡単に理解できるような記事をお願いします。汚い言葉を使わずに、健全な文章をお願いします。

文章を書く方なら、
「暗示文ハラスメント」がどれだけの影響力があるかわかると思います。

参考記事
https://bright-ms.net/post-17014/

参考記事を読んで、
「あなたはまともだから、異常者に嫌がらせをされた」という大切なことを、伝えれる記事をお願いします。
読み手を不快にさせるような記事は不承認にします。

あなたが書いた文章が、苦しんでいる方の心が少しでも軽くなれば良いと思うので、ネット上に公開しておきます。
(小さな社会貢献活動的なイメージです)
(傷ついた方の心に勇気を与えたいので)

そのための記事作成依頼です。

よろしくお願いいたします。


※Plusでは、このようなハラスメントをする側は不要です。


記事作成エントリー

PRスペース

無料イラスト素材【イラストAC】


依頼者ガイド

ユーザーガイド