PRスペース

→ 自己肯定感を高める方法(Amazon)
134万回以上も閲覧された人気記事を再編集!
(自己肯定感が高まると自分が書く文章にも良い変化が起きます。良いライターさんは自己肯定感が高い!)
本書(紙の本のほう)は、国内最大収蔵数を誇る国立国会図書館にて、国民共有の文化的資産として永く保存されることになりました!

→ やる気を創る心の技術(Amazon)
簡単!たったの3ステップ! それと、「〇〇〇〇」を併せればいい!
(この方法で自分の環境を整えると、綺麗な文章、整った文章が書きやすくなる!)

NEWS



【依頼者様へ】ワードプレスへの記事投稿の依頼について

Plusです。

いつもご利用ありがとうございます。

「ワードプレスへの記事投稿の依頼は出来ますか?」というご質問を頂きました。

ワードプレスへの投稿ですが、
下記の「1」か「2」で可能です。

「1」、記事作成会員様に直接投稿してもらう
記事作成会員にIDやパスワードをお渡しする方法
(スカウト依頼のみ)

「2」、自動投稿システムにて投稿(Plus側で操作)
PlusにIDやパスワードをお渡しする方法
(エントリー、エントリーPlus、スカウト依頼で可能)

※どちらも万が一問題が発生した際は一切の責任を負えませんので、
必ずワードプレス側でバックアップをして、
依頼終了後はワードプレス側でパスワード変更をお願いします。


「1」は依頼方法スカウトのメールBOXを使用して、
記事作成会員様とやり取りして下さい。記事作成会員様にログイン情報をお知らせする等。
(PlusのメールBOX以外で連絡を取り合うことは禁止しています)


「2」は納品された記事を1日1記事を自動投稿(自動投稿システム使用)していきます。
(すぐに投稿してほしい場合はお伝えください。数十分間隔で記事投稿します)
(こちらは、記事作成会員様の作業は通常の納品と同じなので、ワードプレスの操作が出来ない記事作成会員様でも大丈夫です)
※納品時のタイトルと本文で、そのままワードプレス投稿されます。
※こちらは別途手数料がかかります。
※お支払いは「お振込み」となります。
※ご希望の場合は依頼時にメールで「依頼No.〇〇〇をワードプレス自動投稿でお願いします。」とお伝え下さい。
※自動投稿先のワードプレスサイトのURLが「https://」ではなく「http://」でもアクセス可能である必要があります。(例えば「http://」から「https://」に転送している場合などは不可)

現在は、運営側で使っている自動投稿システムですので、
こちらで設定する必要がありますが、今後も継続して使用したい依頼者様が多い場合、
依頼時にワードプレス自動投稿の項目を用意してスムーズにご依頼が出来るようにしたいと思っています。

とりあえず現時点では、「1」か「2」の方法となり、
細かい設定などは出来ず不便な点もあるかと思いますが、ワードプレス投稿は可能です。

「1」の場合は、スカウト依頼後に、記事作成会員様とメールBOXでやり取りして下さい。
追加料金はありません

「2」の場合は、依頼時にメールにて「依頼No.〇〇〇をワードプレス自動投稿でお願いします。」と「ログイン情報」と一緒にお伝え下さい。
(ログイン情報に間違いがないこと、「https://」ではなく「http://」でもアクセス可能であることをご確認下さい。)

追加料金は1記事あたり50円となります。
30記事の場合50円×30記事=1500円

こちらを依頼時にお振込み下さい。
(もしワードプレス自動投稿を正式に公開する場合は、チャージ金からお支払い可能にする予定です)

銀行名:ジャパンネット銀行
支店名:本店営業部(店番号ー001)
口座番号:6689626
口座名義:スガワラ タカシ

ゆうちょ銀行
普通
〇二八店 8740078
(記号番号:10200-87400781)
【口座名義】 菅原 隆志(すがわら たかし)

スルガ銀行
Dバンク支店
普通口座番号 3000725
スガワラ タカシ

楽天銀行  ワルツ支店
支店番号204
【口座番号】普通2201351
【口座名義】スガワラ タカシ


それでは、ご検討宜しくお願い致します。
戻る



PRスペース

→ 執着を手放す方法(Amazon)
あなたが許さなければいけないのは相手ではなくあなたの「感情」です。
執着を手放すと心が軽くなり、綺麗な文章が書きやすくなります。心は文章に表れます。

依頼者ガイド

ユーザーガイド

依頼数
19211
参加数
8060
報酬総額
18338197
記事作成エントリー

会員ログイン

依頼者ログイン

記事依頼する
記事作成する
利用者体験談
記事サンプル

携帯からアクセス

QRコード
携帯やスマートフォン
ご利用/依頼出来ます。

PRスペース