PRスペース


プロフィールページ検索

キーワード検索

評価高い順  納品数が多い順  スカウトでの実績が多い順 名文が多い順


ジュンチャンさんのプロフィール



記事依頼者ログイン後に、記事作成会員(ライター)に依頼方法「スカウト」で個別依頼出来ます。


名文認定の実績

・記事作成依頼者より名文として認定された実績:
名文:0
名文プレゼント報酬:円
今まで獲得した報酬:円

ジュンチャンさんの詳細プロフィール

プロフィール写真


ニックネーム

ジュンチャン

性別



年齢



依頼方法「スカウト」での実績

納品数:0
まだ依頼方法スカウトでのお仕事をしていません

依頼方法「エントリーPLUS」での承認率

0%

保有資格



今までの納品記事数



本人確認



依頼方法「スカウト」個別依頼の受け付け状態

お仕事受付中

「ジュンチャン」さんに依頼方法スカウトで個別に記事作成を依頼するには「依頼者会員登録」が必要です。
ページ上部のメニューの「記事作成依頼」から新規ご依頼と同時に依頼者会員登録が完了します。

初回は、低価格で依頼方法エントリー、またはエントリーPLUSをお試し下さい。 その後、二回目のご依頼からは、依頼者ログイン後に「依頼方法スカウト」で個別依頼(スカウト)が可能となります。


自己紹介



備考

私は普段はリアルの仕事もあって時間を作るのに困難ですが一日一記事の作成ならなんとか出来そうです。<br />
<br />
今の拙い記事ではまだまだいろいろな人達の心を掴むことが出来ないし、将来トップアフィリエイターを目指す私にとってこのサイトで取り組むことでライティング能力を究極にまで磨き続けたいので頑張ります。<br />
<br />
<br />
よろしくお願いします。

サンプル記事1

『書く』ことについて<br />
<br />
<br />
自分の考えや感じていることは自分の心に刻み込み、留めておくことは多くの人が出来ることと私はみています。<br />
<br />
しかし、その時に考えたことや感じたことをずっと明確にかつ、その時に感じたまま心に留めておくことが出来るのでしょうか?<br />
<br />
その時に感じたことや考えたことをそのまま、明確に形として残すには、自分で『書いて留める』ことが大事ですね。<br />
<br />
私の実体験から申しますと、今は週末にガイドヘルパーをやっていますが、その日の活動の終わりに必ず活動報告書を書かなくてはいけないことになっていて、必ずその日のうちに、利用者と関わってどうだったかを書くようにしています。<br />
<br />
その日のうちに書かなくて翌日に書いたりするとその時の利用者と関わったことの記憶が薄れて内容が薄っぺらいものにになり、事業所側にもあまり詳しくは伝わりません。<br />
<br />
だからその日に利用者に関わって感じたことその日のうちに、記憶が新しいうちに書いておけば、その日の明確な記録が明確な証拠として残る訳です。<br />
<br />
また、私はプライベートで合唱団に入って活動をしています。<br />
<br />
合唱曲を歌うことの基本は音とリズムを取って、楽譜に書かれている強弱記号や歌唱表現記号にしたがって歌うことでの『楽譜を読むこと』<br />
<br />
その次に全員で指揮者に合わせて歌うことで、指揮者からの要望や指示があったり、他のパートとの関連を考えての歌い方を考えて答えを導き出したものを楽譜に『書き込んで』自分達の表現したい音楽を作ること。<br />
<br />
後はこの作業を積み重ねていくことで納得のいく音楽を作り上げることをやっていくわけですが、ここでも、自分達がいい音楽を作り上げるには『書いて留める』ことが必要十分条件になっています。<br />
<br />
本当にうまくなりたいと努力している人の楽譜は何を書いているのかわからないくらい、楽譜の中の音符が見えないくらいに、『真っ黒け』になっています。これは指揮者やパートリーダーの言われていることや自分がここが注意すべきポイントであることをかなり書き込んでいるからなんです。<br />
<br />
長々と実体験をもとに書きましたが、書くことによって自分の思いや考えがきちんと整理されるからです。それをノートに書き留めること自分の活動の記録として、きちんと残すことができます。この作業を行うことでいざ自分が何かの問題に当たったり、確認したいことが出てきた時に、その記録があればそれを見て振り返ることが出来ます。<br />
<br />
今私がこうして、この考えを『書く』ことで日頃の考えが整理されているのです。<br />
<br />
今は携帯電話やパソコンが普及しているので自分の考えを直接ノートに書くことが少なくなっているかもしれません。しかし、その時に感じたことを自由に書き留めるには直接自分の手でノートに書くことで感じたことを明確に残すことであり、またそれは自分の五体に刻み込むことになり、確固たる自分の記録として残すことが出来ると私は感じています。<br />


サンプル記事2

『ブログについて今感じていること』<br />
<br />
<br />
『ブログ』という言葉を知ったのは今から約8年前になります。<br />
<br />
私はその時、パソコンの使い方がわかりませんし、ブログの意味もわかっていませんでした。<br />
<br />
8年前に、わたしが勤めていた会社でのセミナーでの講師がブログを書いていることを話していて、しかもブログは簡単に作れると言った言葉を今も覚えています。<br />
<br />
そして今、私はアフィリエイトに挑戦していて、ある人のアドバイスにしたがって、ブログを書いてアフィリエイト活動を行っています。<br />
<br />
ブログには日記のような感じで書いています。その日の活動で感じたことや考えたことをそのまま書いて、文章で表現出来るので書くことが好きな私にとっては自分の考えや感じたことをブログを書くのが好きなんです。<br />
<br />
アフィリエイトを教えてくれた人は、自分がその時に報酬をもらった時の喜びを記事にすればいいと教えてもらいました。<br />
<br />
その日の活動で体験したことをありのままに書けばいいので難しい内容にする必要はなく、素直に感じていることをいまの私のブログに書いて、今もなお多くの人達に読んでいただいています。<br />
<br />
携帯電話やパソコンで自分の考えや感じたことをありのままに伝えるのに必要な宣伝媒体の一つがブログであると、私は今も感じています。

サンプル記事3



サンプル記事4




動画/音声案件用サンプル動画



動画/音声案件用備考欄



みんなの声


記事作成依頼者からの評価




戻る

依頼者ガイド

ユーザーガイド


PRスペース