他人の価値観に同化しないと自分の考えを発信出来ない人たちとは?これは子供にも負けています。

現在の閲覧数 344 投稿数 2

菅原です。

他人の価値観に同化しないと、
自分の考えを発信出来ない人たちは…、、

自分の考えだと思い込んでいて、
錯覚を起こしていますが、
それは他人の考えや価値観、人生観です。

その背景にあるのは「恐怖」です。
だから、自分の言葉がスラスラ出てこないのです。

あと、コンテンツの制作・管理の専門家マーケティングプロフスのCCO(最高コンテンツ責任者)は、こう言っています。

ライターになることを尻込みさせている障害を克服しなければならない。恐怖、無気力、自信または知識(あるいはその両方)の欠如が組み合わさったものがそれだ。

引用元:「コンテンツ・マーケティング64の法則」のP34より



恐怖を克服していないライターはリライトどまりです。オリジナルは出てきません。
ググって調べて理解して書く。ここどまりです。

ま、「サヨナラ・モンスター」でお伝えしていることは、
このことでもあるんですけどね!

多人数(みんな)が発することに共通した考えや価値観など、
その枠組みをベースにした発信をして、
「自分は自信を持ってます!」というのは、本当の自信ではない。

子供にも負けています!
子供は自分の考え、気持ちを素直に発することが出来ます。
健全な大人は、自分の考え、気持ちを「責任」を通して、素直に発することが出来ます。
不健全な大人は、無責任になり、自分で自分に口封じをします。

状況や環境がどうであれ、自分の意見を発する。
それが自信ある人の態度です。

怖気づいて周りを見て、周りに合わせて、同化して、
そんな生き方をして何になるのか。

そんな他人のレールを自分のレールだと勘違いし、
思い込んで歩き続けた先に何があるのか。

起きながらにして寝ている状態とは、
まさにそのことだと僕は思います。

今回のお話は、ライター(文章を書く)として成長したいのならば、
最低限、乗り越えないといけない部分ですね!

自分の考えを発することを恐れる。
それは自分への心理的な虐待です。

子供に置き換えたら、
お前は意見を言うな、周りに合わせておけ!」という、まさに心理的な虐待の在り方です。

カテゴリ:人生

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。
沢山の読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。
「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

みんなの声一覧

投稿No. 91

ニックネーム:看護師ナナコ

自分の考えを発信しない本当の理由は恐怖にあった。

こんにちは☆

菅原さんの配信された内容を読んで、私も同感です。
とても腑に落ちる内容でした。

私自身の話になりますが、私には隠れた恐怖がたくさんありました。特に自覚していない恐怖のほうが多かったように思います。この隠れた恐怖に気づいていなかった時は、自分の気持ちや考えを発信するということが全くできませんでした。他人の反応や評価に対して恐怖をしていたからです。しかも、この恐怖を感じないように「時間がなくて忙しいからできない」などと自分を誤魔化して恐怖から目を背けていました。

今は違います(^-^)
考え方が少しずつ変わってきて、コメント投稿や記事作成を通して自分の気持ちや考えを発信することに対する抵抗がなくなってきています。
これは、自分の中にあった隠れた恐怖に気づけるようになってきたからだと思います。

自分の気持ちや考えのほうが大切だと思えるようになってきてからは、前よりも他人の反応や評価に対する恐怖がありません。他人の考えと自分の考えを区別して考えることができるようになったからです。

菅原さんの配信内容にもあるように
自分の考えを発することを恐れるということは
自分への心理的虐待。
まさしく、その通りだと思います。

投稿日時:2018-12-26 16:42:56

投稿No. 98

ニックネーム:(^-^)

考えを口に出す

読んでいてちょっもグサッとくるものがありました。なんといっても、私はそれに当てはまる子どもだったからです。母親になった今でもどこかしら自信付かずで自分の実績は沢山あるものの、それを自信へと繋げていないのが今でも自分自身よく分かります。だから、こうして沢山こなして文章で成長していける自分というのを頑張っていきたいです。

投稿日時:2018-12-30 10:00:00


みんなの声(投稿)は、Plusの会員様に報酬を付与して投稿して頂いております。参加されたい方(投稿して報酬を獲得したい方)は、「会員登録」を行って下さい。